​どんな痛みで受診する?

骨折・捻挫・脱臼・打撲・肉離れの処置には開業以来の十分な症例経験をもとに、対応いたします。一般的に「急性外傷」と言われるものは、早期治療がとても重要です。また、当院では最新の理学療法機器を用いて、より早く状況回復を行います。

画像診断をして、「そのまま様子を見ましょう」とか「湿布を貼って様子を見ましょう」などはよく聞く事ですが、これにより、症状が思うように改善しないことはよくあります。

​固定・理学療法・リハビリをしっかり行うことで早期治癒を目指します。

骨折・捻挫・脱臼・打撲

腰は、人間が二足歩行をするようになって生活する中で一番負担がかかる場所になりました。また現在では姿勢の悪さから、「腰痛」は激増しています。「腰痛」と自覚されて、症状が回復しない多くの原因としては、効果的な治療がされていないことと、姿勢の矯正がなされていないことが多いです。腰は、体重の多くを支える場所として、きちんとしたバランスでよい姿勢を保つことが大切です。当院では数多くの症例経験をもとに、徒手検査、理学療法と手技療法を効果的に取り入れ治療にあたります。また、普段の姿勢、歩行のしかたなども指導いたします。これにより日常生活の根本的な原因を治します。

腰の痛み

スポーツを一生懸命やっていて、練習量が多くなり、うまく疲労の回復ができない状態が続くことで、ケガに発展し、痛みが出ます。特に部活動やクラブ活動などを一生懸命やっている学生さんなどに多く見られます。

ケガや痛みの治療はもちろんですが、日常的なケアなどについてもアドバイスいたします。

治療は、最新の理学療法機器、鍼灸治療などを用いて行います。

より早く痛みを取りたい方はぜひ当院へご相談​ください。

スポーツ障害

上肢の運動に欠かせないのが肩関節の運動です。体の中で一番使用頻度の高い関節のひとつです。
痛みの原因は様々ですが、多くの場合、肩関節周囲の腱の炎症であったり、肩甲骨周囲の筋肉の張りにより肩関節が動きにくくなっているのが原因です。はじめのうちは違和感程度だったものが痛みになっていき状況を悪化させていることが多くあります。早い時期での治療が、より効果的です。炎症を抑える処置や、筋肉の張りを早めにとるような治療を積極的に行います。

首・肩の痛み

膝は人間が歩く中で重要な関節の1つです。膝には体重の3~4倍の負荷がかかるといわれています。若い方で膝を怪我された方、もしくは現在痛みのある方には早い段階で確実に治しておくことをお勧めします。怪我などが原因で中高年になって早い時期に痛みが出たり、変形してくることが多くあります。膝の痛みの原因も多くありますが、今日ではウォーキングのしすぎ、痛いのに歩いてしまったなどが多くあります。一時の痛みだったものが、常に痛い状態になり、腫れて熱を持つようになってくるまでそのままという人もいらっしゃいます。これらも電気治療、安静固定などで早ければ早いほど完治までも短期間でできます。早めの治療をお勧めします。また、変形性膝関節症に関しても、しっかりと治療することで痛みや、進行を防ぐことができます。ご相談ください。

膝の痛み

骨折、捻挫、肉離れなど、痛みが感じなくなった状態で放置されている方が多くいます。ケガが起こると、治る過程で、関節が固くなる(拘縮)状態が起こったり、筋肉の線維が固い状態のままになっていたりします。

ここのような状態の場合、患部をたくさん使ったり、疲労が蓄積したりすると痛みが出ることがあります。

ケガを完治させるためには、患部の柔軟性をもとに戻したり、関節の可動域を改善したりなどのリハビリが必要です。

​以前にケガをしたけど症状が残っている、違和感があるなどの方はご相談ください。

リハビリが必要な症状

お近くの服部整骨院へ

​Officialトレーナー