治療機器のご紹介

干渉波

干渉波は周波数の異なる搬送波を身体に流すと干渉し合う領域に干渉波という波形が発生します。

この波形を利用して行う干渉波治療は、不快なく、電気エネルギーを身体に与えることで、筋肉の柔軟性を高めたり、拘縮した関節部分の柔軟性を高めたりすることができます。

SSP

双方向性対称波と言う波形を用いて治療を行います。

主に鎮痛、消炎に効果があり、痛みを抑制したり、身体のストレス緩和による自然治癒力の回復を促します。

超音波

超音波刺激を患部に与えることで、連続的な照射では筋肉の緊張の除去、関節の拘縮部分の緩和などを行い、断続的な照射では、消炎、腫れの抑制などに効果があります。

EU(コンビネーション治療)

超音波刺激とハイボルテージという電気刺激を一緒に流して行うコンビネーション治療が行えます。

より高い周波数の電流を流すことができ、鎮痛、筋緊張の緩和に非常に効果的な治療です。